Japonia Hortus

key to understand the Japanese garden

鎌倉時代


 公家の部下として活動していた武家が平安末期には力をつけていき、源平の戦いを経て源頼朝が鎌倉で幕府を開き鎌倉時代が始まった。

 鎌倉時代には中国より禅宗が伝わり、厳格な教義が侍に受け入れられ広く浸透していく。その過程で禅は日本の思想や芸術に多大な影響を与えていく、もちろん日本庭園も禅の思想を吸収し変化していった。

東光寺
永保寺
 禅庭の特徴としては今までの大和絵風の作庭とは違い、禅が育まれた北宋の風景をもとにしている点で、禅の悟りに導く助けになるように造られている。

 夢想疎石は鎌倉時代後期から室町時代初期にかけて活躍した臨済宗の僧で、歴代天皇から国師号を贈与される。夢想疎石は禅庭を作庭することが悟りへの道だと考え、恵林寺・永保寺・天龍寺などの名園を次々に手掛けていった。その中で日本屈指の名園・西芳寺(苔寺)が造られた。西芳寺は鹿苑寺(金閣寺)や慈照寺(銀閣寺)などが造られる際手本にされ、後の日本庭園に大きな影響を与えることとなった。


日本庭園の歴史と種類